FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[うしわかP] Snow halation

[投下日:2011.4.6]

今回はこちらの動画となります。

<うしわかP>アイドルマスター『Snow halation』μ's


※マイメモリーはこちら


この動画を見て改めて感じました。『やっぱりニコマスっていいなぁ』と。

ラブライブ!は正直この動画を見るまで存在を知りませんでしたが、この曲は本当にいい曲ですね。

動画自体も、見ていて気持ちいいシンクロ、うしわカラーと呼ばれる独特の色合い、そしてバースト
アピールの効果的な使い方、どれも素晴らしい次元で調和している素晴らしい作品です。

最初は歌詞を作ろうかとも考えましたが、フルコーラスでコメント数が多くなってしまうこと、
5人ステージにおける字幕配置の制約等の面から今回はやりませんでした。

そこで、あまりCAが前面に出ないような控えめな装飾とシンプルなエンドロールを作成しました。

それでは解説へ。(以下格納)




まずはちょっとした装飾CAとして、バーストアピールを使用した間奏部分で5人のネームCAを作りました。
プロフCAを作る、という手もありましたが、綺麗なアピールシーンに添えるCAなので最低限にしています。

ネームだけでは殺風景になってしまうので、背後に添えるワンポイント装飾を用意しました。
今回の装飾はこちらを再利用しています。

<ぱるぷんてP>アイドルマスター ライオン PV Edition  『秋月律子』


ライオン(黄枠なし)ED02

このように、2色の◆を左右に半分ずらして重ねたものを作っていきます。

今回はこのようなCAを5人分作るので統一感を出していくことが重要となってきます。
もちろん、同じ構造で揃えればそれでもOKなのですが、もう少し統一性を持たせたいところです。
CA自体はキャラクターカラー、及びそれをイメージさせる色で作っていきたいので色の傾向はバラバラ、
そこで◆の片方、背後に隠れる方の下地部分の色を統一することにしました。

使用した色はモノトーン調の薄梅鼠(うすうめねず:#DCD6D9)
背景色には華やかな色を使わず落ち着いた雰囲気を持たせます。

Name01_Haruka.jpg

構造的にはshita big 16行固定で2色の◆を同じ高さで左右にずらして配置し、ueコメントで◆に重なるように
文字を配置していきます。上から下ろす足場はmedium 10行です。
春香で使った色は、◆が#FF9ECE、文字が#FFEFFFとなります。


Name02_Yukiho.jpg

以降はすべて同じ構造なので黄枠は省略します。
雪歩で使った色は、◆が#C1E4E9=白藍(しらあい)、文字が#EFF7FFとなります。
雪歩の本来のイメージカラーは白ですが、背景に対して強く浮いてしまうため、柔らかい雰囲気を
出すために青系を少し混ぜています。
春香~雪歩はコメントを連結して連続表示させています。


Name03_Mami.jpg

ここからは3人の名前を連結させて連続表示させます。連結タイミングは基本的に音楽をベースとして、
キャラの切り替えのタイミングとの兼ね合いを見極めながら決めていきます。
真美で使った色は、◆が#FFFF9E、文字が#FFFFEFとなります。


Name04_Makoto.jpg


真で使った色は、◆が#9790A4=薄鼠(うすねず)、文字が#E8ECEF=白花色(しらはないろ)となります。
真はイメージカラーが黒ですが主張の強い色なので灰色系をベースに柔らかい色にしています。


Name05_Chihaya.jpg

千早で使った色は、◆が#89C4FF、文字が#DBFFEFとなります。
千早もイメージカラーが原色の青ですが、雰囲気に合わせてパステル調にしています。


そしていつものエンドロールとなります。

今回のエンドロールは軽快なリズムに合わせた音ハメとします。
この曲は2小節の長さが3秒をわずかに超えるので音ハメで作る場合は僅かの時間字幕が重複します。
そこで字幕はue/shitaを交互に表示させていくようにします。
このようなパターンで作った例は、

<狡猾全裸富竹P>HELLO!! 愛・絵理・涼 MMD×アイドルマスター


こちらの動画となります。当時の解説はこちらをご参照願います。

【1枚目(コメント数:5)】
Snow halarion_ED01

1枚目はueコメント。ue medium 11行の足場を下ろし、medium臨界幅リサイズとsmallの組み合わせで
クレジットを作っていきます。©~の部分はsmallで臨界幅リサイズを使用していないので1コメで
4行分を作ることができました。


【2枚目(コメント数:7)】
Snow halarion_ED02

2枚目はshitaコメント。shita small 8行の足場を積んでこのように積み上げていきます。
『THE iDOLM@STER 2』の行は下を1行改行して2行にしています。
このように、最終的には上部の■が完全に同じ高さになるように調整していきます。
(高さ揃えを見るのであれば罫線部分の方が見やすいと思います。)


【3枚目(コメント数:9)】
Snow halarion_ED03

3枚目は再度ueコメント。足場は1枚目と同じでいいので簡単です。


【4枚目(コメント数:9)】

3枚目がueコメントだったのでこれまでの流れだと4枚目はshitaコメントとなります。
ですがここではちょっと一工夫。曲タイトルを乗せる部分なので曲名に合わせた演出を入れてみます。
当然ueコメントの積みはできないのでueの固定系を使用します。

Snow halarion_ED04-1

曲のタイトルは『Snow halation』なので、背景に雪を散らしてみます。
ご覧のように、2種類の二重リサイズ(DR)、big16行固定の3パターンを組み合わせて複数のサイズの
雪の結晶を作ります。色は#EAF4FC=月白(げっぱく)の2色となります。

Snow halarion_ED04-2

そして、shitaコメントの積み上げで曲情報を入れると完成です。

ちなみにここでは敢えて■を使ったクレジットパターンを使用していません。
これはこのあと5人登場のステージ背景となるのでなるべく動画の邪魔をしたくないという観点からです。
また、左右に似たような字幕を何度も振ってしまうと単調になってしまうのでアクセントという意味合い
もあります。


【5枚目(コメント数:4)】
Snow halarion_ED05

ここまでは前の字幕が残っている間に次の字幕が入る、というパターンだったので、ue/shitaを交互に
書き込んでいくという形態をとっていました。
ですが4枚目ではueとshitaの両方のコメントを使用してしまいました。つまり、同じタイミングで5枚目
を入れても4枚目が残っているので、5枚目の字幕は崩れてしまうことになります。

ですが、ここは曲のラストの部分でこの付近でテンポが少し遅くなっています。
その為、4枚目が消えてから5枚目を入れても音ハメを行うことができるというわけです。

最後は下の方にコンパクトに配置して完成です。



今回はこんな感じで動画の雰囲気を壊さないように控えめを心掛けつつ、装飾CAらしさも織り込んでみました。


それでは今回はこのへんで。
スポンサーサイト

tag : クレジット(ED) 装飾(その他)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

時計屋

Author:時計屋


主にニコマスのコメントアート(CA)について書き連ねていきます。
CA好きの方、ニコマス好きの方、コメントやリンクはお気軽にお願いします。

公開マイリスト
★過去の活動の記録
★ここが住処でした ★自分の原点
Twitter
所属コミュニティ(の一部)
★本籍地
最新記事
カテゴリ
CAのジャンル別検索
ユーザータグを用いてCAのジャンルごとに分類してあります。
(エンドロールは『ED(クレジット)』となります。)
 
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。