FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[tinoP] 乙女学入門

[投下日:2011.3.7]

今回は自分としては珍しく、フルコーラス曲で歌詞を作ってみました。

お邪魔したのはこちらの作品です。

<tinoP>やよい 『乙女学入門』 【ζ*'ヮ')ζ<リスペクト】


(マイメモリーはこちら↓)

※一部の一般コメントは残してあります(というよりこれは残さないといけませんw)

こちらの作品は音Pの

こちらの作品のリスペクト作とのことです。

タグはカオスですが、非常に雰囲気のいい作品ですね。
コミュシーン等の演出は何度見てもry


今回は歌詞としてはシンプルなbig16行をベースとしていますが、随所にちょっとした遊び心を
盛り込んでみました。

それでは解説を行っていこうと思います。(以下格納)



ここからは歌詞について説明していきますが、今回は全コメントにpatissierコマンド(リーフの影響を受けない)
を使用し、必要に応じてfullコマンドを併用していきます。解説ではこれらのコマンドは基本的に割愛させて
いただきますので予めご了承願います。

今回の歌詞はbig16行固定が中心ですので、特殊なことをやった場所に絞って解説を行っていきます。

【0:16~】
乙女学入門 0:16-18

歌詞は通常のbig16行固定を使用し、色は#FBA2E4を使用しています。

まず最初はハートを射抜くCAの1つ目のパターンです。もう1箇所同じ表現をするところがありますが
そちらはちょっと違ったパターンを試していますのでまずはこちらから。

2つの歌詞コメント(「あなたの」と「ハートを射止めるには」)は、時間差で表示させますが、どちらも
ue big 16行固定で表示させ、shitaコメントをフリー(積みのできる状態)にしておきます。

ハートの部分は3分割(①『◄━』、②『❤』、③『━<』)にして、①:ue big #E8E8E8 16行固定、②:shita medium(足場)
+shita big #FE6399、③:ue big #E8E8E8 16行固定 の順に書き込むことで表現することができます。


【0:45~】
乙女学入門 0:45-49

ここではこのように「積み」と「big16行固定」を組み合わせて、文字サイズの異なる字幕を統合します。


【0:52~】
乙女学入門 0:52-57

ここでは画面内のシーン切抜きの中に歌詞を入れるのでフォントはsmallとします。
画像は0:56からのものですが、どちらもue big 8行+ue small #78FEE3の組み合わせです。
そして『恋です』の歌詞は積みを使ってやよいのハートとリンクさせます。
ハートの高さを調整するために『忍び寄る』の部分は改行を用いて2行とし、そこに臨界幅リサイズで大きさと
位置を調節したハートをue big #FE6399で積みます。
そしてその横に配置されるようにue big #F9D9F8 16行固定で『恋です』を入れると完成です。

なお、本来であれば歌にあわせて表示させていきたいところですが、次のシーンでやよいの顔に被ってしまうので
ちょっと早めに表示されるようにしています。


【1:00~】
ここからはサビとなりますがシンプルにbig16行のみで行きます。色は前半がwhite、後半が#FFEAB0となります。
なお、ここではささやかな演出として、1:19の『だんだんしびれてく』の歌詞にリンクさせるように
『しびれてく』の部分だけ別色(#FFD360)で1pixelだけずらして
重ねています。かなりわかりにくいずらし幅ですが、あまり二重表示を目立たせたくなかったのでこの程度
におさめました。この辺は『気付かれなければそれでもいいや』というくらいの大らかな気持ちでいっても
いいのかな~、と思います。視聴者に歌詞の存在を必要以上にアピールさせる必要はないからです。
『目立ちすぎたら失敗』、アイマス系CAの基本スタイルですね。


【1:26~】
乙女学入門 1:26

『乙女学』の部分だけ色・サイズを変えて重ね合わせます。
ベースの歌詞はue big 16行固定なのでshitaコメントがフリーになっています。
そこで画像のように組み合わせて作っています。


【1:45~】
乙女学入門 1:45-47

『射抜きハート』の2つ目です。こちらは歌詞に合わせて時間差で表示させていきます。
1つ目と同様、歌詞はすべてue big 16行固定とし、ハートだけをshitaコメで画像のように積んでおきます。

乙女学入門 1:48

今回はハートが既に表示されているので矢の一部をハートの後ろに隠すことはできなくなってしまいます。
そこでここでは罫線文字の種類を変更して対処します。
矢の前部に使用する文字を『━』から『╸』に変更します。『╸』はWeb上では半角のハイフンのように
見えますが、実際には『━』の左半分だけ、というイメージです。これで『╸』がハートの外側に綺麗に
隣接するように表示させれば、余分な罫線部をハートの背後に隠さずに済みます。
ハートが消えた後も矢の部分がちょっと見えているのでおわかりいただけるかと思います。
(1個目もそうやればいいでしょw、というツッこみは受け付けますん)
ただ、今回のパターンではコメントの潜り込みが頻発するようでしたので、直前に空白コメントを差し込んで
潜り込みを回避させています(これは説明するのが難しい・・・)。


【2:14~】
乙女学入門 2:14

ここからの2小節はちょっとした遊び心を。ここでは画面の演出が台本調になっていて付箋紙でメモが
書かれています。そこで歌詞も付箋紙に書いて貼ってみようと思います。
付箋紙に使用した文字は網掛け文字の『▒(0x2592)』。これを白とオレンジの2色でそれぞれshita big 16行固定で
組み合わせていきます。そして完成した付箋紙に重なるようにueコメントで歌詞を重ねてやれば完成です。


【2:44~】
乙女学入門 2:44(黄枠なし)

ここの歌詞は『アルファ二分の一 イコールルートエー』という数式になっています。
でもやっぱり数式は実際に書いてみた方がわかりやすいですよね。そこでここではこの数式をコメントで
再現してみることにしました。ここが今回の歌詞で一番苦労したポイントでもあります。

この数式をコメントで再現する場合に重要となるポイントは以下の2箇所となります。

①分数の表記
 見てのとおり、片方のレイヤーだけではこのように縦方向に微妙にずらした数字を表現することは
 不可能です。ということで上下コメントの重ね合わせを使用することはご想像いただけると思います。

②平方根(√)の表記
 『√』はこれ自体が単独の文字となっているので、通常では√内に数字や文字を入れることはできません。
 仮にここで『√a』という風に並べる表記で妥協してしまえば、ueコメントで『α─ = √a』、
 shitaコメントで分数の1と2を高さを調節して積み上げれば比較的簡単に再現ができます。
 ですがやるからには『a』を『√』内に入れたいですよね?

そこで、ここでは上下の積みコメントの他に固定コメントを併用することにします。big16行固定でも
いいのですが、『a』をbig16行固定で表示するとかなり小さいので見難くなります。
こんな場合に使える手法は・・・・・そう、二重リサイズですねw

手順としては二重リサイズ固定はコメント有効高を埋め尽くしてしまうので、このあとに同レイヤーの
通常の積みコメントは使用できなくなります(積みコメントが泳いでしまう)。
ということで、ここでは以下のような手順で作っていきます。

①『a』の位置を決める
乙女学入門 2:44(DR位置決め)

big二重リサイズによる固定は10行程度の改行で行うのが定番です。
ですがこのことが制約にもなっているわけです。どういうことかというと、『高さを10段階程度しか選べない』
ということです。つまり微妙な高さを調整する、という作業ができない手法なわけです。
そこで、先に二重リサイズで表示させるコメントの位置を決めておいて、それに合わせて上下の積みコメントの
高さを決めていくという作業が必要になってきます。

今回固定する文字は半角の『a』、明朝化けとは無縁の文字です。そこで定番である明朝化による二重リサイズを
行わず、ゴシック状態での二重リサイズを行います。画面外に飛び出す空白文字の両端にゴシック保護の『・』を
配置して文字化けが起こらないように準備してから固定されるように調節を行っていきます。
画像の例ではshita big #F0D8FEで固定を行っています。
つまりこの状態ではueコメントによる積みは問題なく行える、ということになります。

②ueコメントで数式の基本骨格を重ねる
乙女学入門 2:44(ue位置決め)

次は数式の基本骨格を『a』ときれいに重なるように調整します。今回は足場がue big 6行の1つだけで丁度いい
高さになりました。コメント数の節約を考えるとこうなるのがベストですね(滅多にないですがw)。

③shitaコメントで分数の数字を重ねる
乙女学入門 2:44(shita位置決め)

そして最後に分数で使用する1と2を重ねていきます。1と2はbigで臨界幅リサイズを用いて少し圧縮し、
且つ、改行表示とすることで1コメントで作成します。こちらで使用した足場はshita big 7行。
こちらも1つの足場で完成したのでかなり運が良かったですねw

そして完成形がこちらです(通常の歌詞を追加しています)。
乙女学入門 2:44(黄枠あり)

このように複雑な構造のコメントでも、うまくレイヤーを組み合わせると作ることが可能となります。
こういう作業はパズル感覚でできるのでやってみると結構楽しいと思います。


(ここからしばらくは、やよいの破壊力抜群のコミュでお楽しみください)
                         ζ*'ヮ')ζ<お兄ちゃん


【3:28~】
ラスサビのパートです。先ほどは1小節ごとに独立して歌詞を出していましたが、今度は雰囲気を変えて
連結による2小節連続表示を行います。
ここからは連結を行うので、コメントがわずかにズレてしまうbig16行固定は使用していません。
ue big 9~10行の非固定状態にしたうえで連結させているので連結時のコメントの位置はズレません。


【3:43~】
ここでは連結をおこなった直後に背景が変化するので、連続して文字色変化を行います。

<第1段階>
乙女学入門 3:43

最初はこのようにue big 9行からスタートします。

<第2段階>
乙女学入門 3:46_1

このようにue big 10行で続きの歌詞を連結します。

<第3段階>
ここまではueコメントのみを使用しているので、色変化で使う別色のコメントはshitaコメントで重ねます。
乙女学入門 3:46_2

このように足場を調節して、改行リサイズが発生する3行にした別色の歌詞を重ねます。
なお、ここでも『しびれてく』の演出を行っているので、このshitaコメントを重ねる前に、ue big 16行固定で
文字を重ねておきます。


普段はめったにやらないフルコーラス曲での歌詞投下でしたが(そもそも歌詞をあまりやらないわけですがw)、
単調にならないように、かつ過度な演出で雰囲気を壊さないように、となると色々と難しかったです。

さすがにコメント数も多くなってしまったのでクレジットCAは割愛させていただきました。



それではこの辺で今回の解説を終わろうと思います。
スポンサーサイト

tag : 歌詞CA

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

時計屋

Author:時計屋


主にニコマスのコメントアート(CA)について書き連ねていきます。
CA好きの方、ニコマス好きの方、コメントやリンクはお気軽にお願いします。

公開マイリスト
★過去の活動の記録
★ここが住処でした ★自分の原点
Twitter
所属コミュニティ(の一部)
★本籍地
最新記事
カテゴリ
CAのジャンル別検索
ユーザータグを用いてCAのジャンルごとに分類してあります。
(エンドロールは『ED(クレジット)』となります。)
 
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。