FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[yotaP] ラブリー☆えんじぇる!! (EDロール新バージョン)

[投下日:2010.10.31]

どうやって解説すれば・・・

(゚д゚)さあ、どうやって解説しましょうか・・・



ということで、今回は自分のメインの活動場所である、この動画のCAを解説してみようと思います。



2007年5月30日、しーなPの『Princess Bride!』(sm280671・以下PB)でCAデビューした私は、以降、
2:07の『十二時過ぎても解けない魔法』のフレーズにあわせて時計のCAを作り続けていきました。
(本ブログの右側に当時のマイメモリーを集めてあります)
当時のPBはコメ屋が一同に介する場所であり、毎日大量のCAが投下され続けていたことを覚えて
いる方も多いかと思います。

そんなPBに集まったたくさんのコメ屋の中でも私が一番憧れていたのは『km氏』でした。
km氏は今ではアイマスCAの基本ともいえる『プロフ』や私がやっている『エンドロール』といった
『字幕系CA』の礎を作られた方で、貼られるたびに変化するプロフを毎回楽しみに見ていました。
そして同じように『エンドロール』も本当のテロップのように見えて非常に人気がありました。

当時エンドロールを見た私は、飾らない文字列だけで動画をスッキリと飾る様子を見て、
『いつかは自分もやってみたい』と強く思うようになり、毎回コメント欄を凝視して構造を
勉強していました。

そんな折、6月19日、同じくシンクロ系の『ラブリー☆えんじぇる!!』(以下LA)が投稿されました。
気持ちのいいシンクロと電波ソング特有のノリで再生数は物凄い勢いで伸び続け、1週間で10万再生を
突破するという当時を代表するMADとなりました。

案の定、私もこの動画にどっぷりハマり、『ここでCAをやってみたい』と思うようになり、
6月25日、自身初のエンドロールを投下することとなりました。

以後はご存知のとおりry



では昔語りはこの辺にして解説へ移ります。(以下格納)




<お知らせ>
ここからは構造を示す黄枠画像を貼っていきますが、各画像の上部に小さい空白文字のコメントが何個か
見えていると思います。これはコメントを連結する為の目印となるマーカー、あるいは連結時にコメントの
乗り上げが発生しないかを確認する為のダミーコメントです。
CAの構造には何も影響を与えない流しコメントですのであらかじめご了承願います。


【1枚目(コメント数:11】
LA_ED01.jpg

本動画で私が作るエンドロールはkm氏の流れを汲んで、上下黒帯にフレームを配置するものと
なっています。今回のエンドロールの基本的な構造は、
 ①上フレームとテロップ=ueコメント
 ②下フレーム=shitaコメント
という組み合わせになっています。ただし、今回は途中でギミックを入れているので構造が変化します。
それは後ほど解説いたします。

◆◆◆ueコメント◆◆◆
 ①ue small #F7D0F5(臨界幅リサイズ+改行で2行に) 『THE iDOLM@STER』
 ②ue big #F7D0F5(臨界幅リサイズ) 『─────────(罫線)』
 ③ue 3行『足場』
 ④ue #FFAA55(臨界幅リサイズ) 『■企 画』
 ⑤ue #81C6FE(臨界幅リサイズ) 『─────────(罫線)』
 ⑥ue small(改行で3行に) 『©バンダイナムコゲームス/©TRIVY』
 ⑦ue #FFAA55(臨界幅リサイズ) 『■制 作』
 ⑧ue #81C6FE(臨界幅リサイズ) 『─────────(罫線)』
 ⑨ue small(改行で2行に) 『©快盗天使委員会/©ave;new Co.,Ltd.』

◆◆◆shitaコメント◆◆◆
 ①shita small #F7D0F5(臨界幅リサイズ+改行で2行に) 『ave;new feat.あべにゅうぷろじぇくと ラブリー☆えんじぇる!!』
 ②shita big #F7D0F5(臨界幅リサイズ) 『─────────(罫線)』


【2枚目(コメント数:11)】
LA_ED02.jpg

2枚目も基本構造は同じですね。

◆◆◆ueコメント◆◆◆
 ①ue small #F7D0F5(臨界幅リサイズ+改行で2行に) 『THE iDOLM@STER』
 ②ue big #F7D0F5(臨界幅リサイズ) 『─────────(罫線)』
 ③ue 3行『足場』
 ④ue #FFAA55(臨界幅リサイズ) 『■出 演』
 ⑤ue #81C6FE(臨界幅リサイズ) 『─────────(罫線)』
 ⑥ue small 『萩 原 雪 歩』
 ⑦ue small(臨界幅リサイズ+改行で2行に) 『(CV:落合祐里香)』
   ※現在は名前が変わっていますが、2007年作品ということであえて旧名にしています。
 ⑧ue small 『高 槻 や よ い』
 ⑨ue small(臨界幅リサイズ+改行で2行に) 『(CV:仁後真耶子)』
   ※あとで気付きましたがここは改行いりませんねw

◆◆◆shitaコメント◆◆◆
 ①shita small #F7D0F5(臨界幅リサイズ+改行で2行に) 『ave;new feat.あべにゅうぷろじぇくと ラブリー☆えんじぇる!!』
 ②shita big #F7D0F5(臨界幅リサイズ) 『─────────(罫線)』


【3枚目(コメント数:15)】
LA_ED03.jpg

3枚目では左右にテロップが配置されます。
しかし、左右のテロップは高さ(Y座標)が異なっていますので、右側はshitaコメントで下フレームの上に
積み上げます。

◆◆◆ueコメント◆◆◆
 ①ue small #F7D0F5(臨界幅リサイズ+改行で2行に) 『THE iDOLM@STER』
 ②ue big #F7D0F5(臨界幅リサイズ) 『─────────(罫線)』
 ③ue 3行『足場』
 ④ue #FFAA55(臨界幅リサイズ) 『■キャラクターデザイン』
 ⑤ue #81C6FE(臨界幅リサイズ) 『─────────(罫線)』
 ⑥ue small 『窪 岡 俊 之』
 ⑦ue #FFAA55(臨界幅リサイズ+改行で2行に) 『■衣装デザイン』
 ⑧ue #81C6FE(臨界幅リサイズ) 『─────────(罫線)』
 ⑨ue small 『三 枝 芳 宏』
 ⑩ue small(臨界幅リサイズ) 『(バンダイナムコゲームス)』

◆◆◆shitaコメント◆◆◆
 ①shita small #F7D0F5(臨界幅リサイズ+改行で2行に) 『ave;new feat.あべにゅうぷろじぇくと ラブリー☆えんじぇる!!』
 ②shita big #F7D0F5(臨界幅リサイズ+改行で2行に) 『─────────(罫線)』
 ③shita small(改行で3行に) 『a.k.a.dRESS(ave;new)』
 ④shita #81C6FE(臨界幅リサイズ) 『─────────(罫線)』
 ⑤shita #FFAA55(臨界幅リサイズ) 『■音楽プロデューサー』


【4枚目(コメント数:6)】
LA_ED04.jpg

4枚目は曲情報ですが、今回はとある理由でave;newロゴは入れてません。

 ①ue small #F7D0F5(臨界幅リサイズ+改行で2行に) 『THE iDOLM@STER』
 ②ue big #F7D0F5(臨界幅リサイズ) 『─────────(罫線)』
 ③ue 3行『足場』
 ④ue #FFAA55(臨界幅リサイズ) 『■MUSIC』
 ⑤ue #81C6FE(臨界幅リサイズ) 『─────────(罫線)』
 ⑥ue(臨界幅リサイズ) 『ラブリー☆えんじぇる!!』
 ⑦ue(臨界幅リサイズ+改行で2行に) 『(『快盗天使ツインエンジェル』主題歌)』
 ⑧ue(臨界幅リサイズ+改行で2行に) 『作詞:しらたまぷりん/作・編曲:どれちゅ/歌 :井上みゆ&佐倉紗織』

◆◆◆shitaコメント◆◆◆
 ①shita small #F7D0F5(臨界幅リサイズ+改行で2行に) 『ave;new feat.あべにゅうぷろじぇくと ラブリー☆えんじぇる!!』
 ②shita big #F7D0F5(臨界幅リサイズ) 『─────────(罫線)』


【5枚目(コメント数:9)】
LA_ED05.jpg

ここからは構造を変更します。
動画をご覧になった方はお分かりかと思いますが、今回のバージョンではエンドロールの4枚目途中から
6枚目にかけて、やよいのトレース(手とかの動きにあわせてキラキラと航跡を流すCA)を合成しています。
トレースは基本的にbig16行固定を使用するので、トレース表示中は上下どちらかのレイヤーでの
コメントが入れられなくなります(big 16行でレイヤーの高さを埋めてしまうので、通常のコメントは
ランダムに泳いでしまいます)。

今回はトレースをshitaコメントのbig 16行固定で製作するので、5枚目と6枚目ではテロップ部分に
shitaコメントを使用できなくなってしまいます。
5枚目と6枚目の下フレームはueコメントで作らなければならない、ということになるわけです。
具体的には、ueコメントでのテロップを入れ終わった後に、適当な高さの足場を組んで下フレームを
積む、という作業を行います。

◆◆◆ueコメント◆◆◆
 ①ue small #F7D0F5(臨界幅リサイズ+改行で2行に) 『THE iDOLM@STER』
 ②ue big #F7D0F5(臨界幅リサイズ) 『─────────(罫線)』
 ③ue big 5行『足場』
 ④ue #FFAA55(臨界幅リサイズ) 『■制作・監修』
 ⑤ue #81C6FE(臨界幅リサイズ) 『─────────(罫線)』
 ⑥ue small 『765 プロダクション』
 ⑦ue 3行 『足場』
 ⑧shita big #F7D0F5(臨界幅リサイズ) 『─────────(罫線)』
 ⑨shita small #F7D0F5(臨界幅リサイズ) 『ave;new feat.あべにゅうぷろじぇくと ラブリー☆えんじぇる!!』

今回は『ue 3行』という比較的簡単な足場で作ることができました。
4枚目の下フレームと5枚目の下フレームの間で高さがずれていないことがわかると思います。


【6枚目(コメント数:11)】
LA_ED06.jpg

6枚目も同じようにueコメントのみで作っていきます。
下フレームの上にコピーライトを入れるので、それも含めた積みの作業を行っていきます。

◆◆◆ueコメント◆◆◆
 ①ue small #F7D0F5(臨界幅リサイズ+改行で2行に) 『THE iDOLM@STER』
 ②ue big #F7D0F5(臨界幅リサイズ) 『─────────(罫線)』
 ③ue big 6行『足場』
 ④ue #FFAA55(臨界幅リサイズ) 『■プロデューサー』
 ⑤ue #81C6FE(臨界幅リサイズ) 『─────────(罫線)』
 ⑥ue small 『y o t a P』
 ⑦ue small 1行 『足場①』
 ⑧ue small 1行 『足場②』
   ※ue smallを2個積みますが、同じコメントを連続して入力することができないので
    1個目は『0x00a0(空白文字)』を1個、2個目は2個としてあります。

 ⑨ue(臨界幅リサイズ) 『©2007 NBGI/ave;new Co.,Ltd. All Rights Reserved.』
 ⑩shita big #F7D0F5(臨界幅リサイズ) 『─────────(罫線)』
 ⑪shita small #F7D0F5(臨界幅リサイズ) 『ave;new feat.あべにゅうぷろじぇくと ラブリー☆えんじぇる!!』

これでshita big 16行固定で作るトレースによるコメントのランダム化が発生しない環境
(5~6枚目がueコメントのみ)を用意することができました。

それではここからはトレースを組み合わせていきます。


【トレース開始点】
LA_ED_Trace01.jpg

先ほどはトレースをshita big 16行固定で作ると言いましたが、最初の部分についてはbig 16行固定では
やよいの手の位置の高さでのトレースラインを作ることができません。
big 16行固定はコメントの位置が16段階でしか作れない為、微調整が困難という欠点があります。
そこで最初だけは通常のshitaコメントの積み上げでトレースラインを作っていきます。

添付画像はueコメントの部分の黄枠を消して、shitaコメントの黄枠だけを表示させています。
最初に作ったエンドロール4枚目の下フレームはshitaコメントで作ってあるので、この上に高さを調整して
トレースラインを積んでいることがわかると思います。

◆◆◆shitaコメント◆◆◆
 <フレーム部分は省略>
 ①shita big 『足場』
 ②shita big #FBAAE7(臨界幅リサイズ) 『。.・⁺.;☆』

これでスタート地点は決まりました。
ここからはbig 16行固定で手の動きにあわせてトレースしていきます。

【トレース前半(右→左)】
LA_ED_Trace_Front.jpg
色の変化は順に#FBAAE7#FBC0EE#FCD5F4#FCEBFBとなっています。

【トレース後半(左→右)】
LA_ED_Trace_Rear.jpg
色の変化は順に#FFFFFF#FFFFAA#FFFF55#FFFF00となっています。

本エントリー冒頭に貼った画像はこの部分となります。



複雑な構成のCAを作る場合はこのように上下レイヤーの管理が重要となってきます。
レイヤーの構成をしっかりと把握しておけば大抵のことはできると思います。
今回の解説が皆様のCAを作る上で何かの参考となれば幸いです。



本ブログを開設して結構経ちましたが、自分の活動拠点であるLAのCAを解説したのは今回が最初となります。
LAでは今回のようなエンドロールシリーズや、過去の職人さんが製作したCAのリニューアルバージョン、
私の作ったオリジナルCAなどが大量にあります。
通常の更新の合間にでも少しずつ、こういったCAの解説もしていければ、と思います。



以上で今回の解説を終わります。長文失礼致しました。
スポンサーサイト

tag : クレジット(ED) 装飾(トレース)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

時計屋

Author:時計屋


主にニコマスのコメントアート(CA)について書き連ねていきます。
CA好きの方、ニコマス好きの方、コメントやリンクはお気軽にお願いします。

公開マイリスト
★過去の活動の記録
★ここが住処でした ★自分の原点
Twitter
所属コミュニティ(の一部)
★本籍地
最新記事
カテゴリ
CAのジャンル別検索
ユーザータグを用いてCAのジャンルごとに分類してあります。
(エンドロールは『ED(クレジット)』となります。)
 
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。