FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ひろっちP] bumpy-Jumpy! (&『full』コマンド解説)

[投下日:2010.10.30]

皆様、お久しぶりです。

今年は北海道でも過去に例を見ない猛暑に見舞われ、エアコンのない当方の環境では集中して
作業することもできず、『涼しくなったら再開しよう』と思っていたのですが・・・・・。
結局、9月の上期決算のあたりから仕事が非常に忙しくなり、ニコニコもまともに見れない状態が
最近まで続いてしまいました。

このたび、初雪も降り、仕事も落ち着いてきましたので活動を再開したいと思います。
3ヵ月半のブランクがありますので少しずつリハビリに勤めたいと思います。

改めまして、当ブログにお越しいただいている皆様には長い間お休みを頂いてしまったことを
心よりお詫び申し上げます。


今回投下させていただいたのはこちらの作品。

<ひろっちP>アイドルマスター IM@S ALLSTARS 『bumpy-Jumpy!』(KOTOKO)


久々のI'veM@ster動画への投下となります。
王道のステージPVでオールスター!いいですね^^

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

★同じKOTOKOがボーカルの東洋人Pの『覚えてていいよ』を思い出しました。
    
     ※こちらの作品にはエンドロールを投下させて頂いております。
      (プロフは別の職人さんです)

★ちなみに前回のI'veM@sterへの投下はこちら↓(※4:3表示時点での投下です)
    
         <CA解説はこちら→その1その2その3

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

さて、私が休業中の3ヶ月半の間にコメントに関する新たな機能が生まれたので
改めておさらいしておきましょう。

【『full』コマンド】
ニコプレーヤー4(NP4)の誕生に伴い、16:9での動画表示が可能となりました。
(NP4の概要説明はこちら(ニコプレーヤーver.4概要)からどうぞ)

これに伴い、従来の4:3表示よりも動画領域が横に伸びました。
そこで16:9の領域でもコメントを左右フルに表示できるように従来のコメントとの差別化を
図るために『fullコマンド』が実装されました。
それでは実際に表示の違いを見てみましょう。
fullコマンド解説
16:9の画面(672×384)の中に4:3での領域幅(544×384)を書き加えてみました。

①まずは一番下の文字列です。コマンドは『shita』のみです。
 このコメントは4:3での横幅544pixcel内に収まっているので臨界幅リサイズは発生せず、
 本来の文字サイズで表示さているのが分かると思います。

②次に中段の文字列です。①の文字列の文字数を少し増やしてみました。こちらもコマンドは
 『shita』のみです。本来の文字サイズでは544pixcelからはみ出してしまう為、臨界幅リサイズが
 発生して文字が小さくなっているのがお分かりいただけると思います。

③最後に上段の文字列です。②と同じ文字列ですがコマンドを『full shita』に変更しました。
 するとご覧のように4:3での表示領域をはみ出して16:9での表示領域にコメントが表示されて
 いることがお分かりいただけると思います。
 表示領域が拡がったことにより、②で臨界幅リサイズが発生していたものが、通常の文字サイズに
 戻っていることがご覧いただけると思います。
 なお、画像にはありませんが『full』コマンドを使用しても臨界幅リサイズは従来どおり発生します。

このように『full』コマンドを使用することで16:9動画でも今までと同じように自由なコメントを
することができるようになったわけです。

【1コメントの最大文字数が60→75文字へ】
『full』コマンドの実装により、コメントの表示幅が広くなりました。
これに伴い、従来よりも1コメントあたりの最大文字数が75文字に緩和されました。
この措置は『full』以外でも適用されますので、コメントによる表現の幅が広がりました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

今回はこの『full』コマンドを使用したはじめてのCAとなります。
bunpy-Junpy_OPSS.jpg
OPロール(OPクレジット)と簡単なEDロール(出演紹介)ですね。

それでは解説に移ろうと思います。(以下格納)


【1枚目(コメント数:7)】
bunpy-Junpy_OP01.jpg

この曲は2小節分の再生時間が実測で2秒52となるので、3秒毎の連結だと音楽に合わせることができません。
そこで、字幕を左右交互に表示することとして、各字幕をueコメント、shitaコメントで交互に2小節間隔で
表示させることにしました。
ということで、画像の1枚目はueコメントのみで作っています。

この曲は『ナツユメナギサ』(©SAGA PLANETS)というPCゲームの主題歌となっているのですが、
本作の世界では『妖精』という存在があります。
プレイ動画(妖精)
これはプレイ実況動画からキャプチャしたものですが、ご覧のように本作での妖精は蝶の姿をしています。
そこで字幕のワンポイント装飾に蝶を取り入れてみました。

ちなみにこの蝶の文字列を使ったのは今回が2回目となります。
最初に使用した動画はこちらとなります。↓


これも4:3時代に作ったCAなので16:9では表示位置が中央寄りになってしまいますねorz
いっしょ_ED04

この時は動画の背景に合わせて花を装飾のアクセントとして使用したので、さらにそのアクセントとして
蝶を使用してみました。
ちなみにこの蝶は特殊文字を使用しているのですごく謎な文字列となっていますw
『Ƹ̵̡Ӝ̵̨̄Ʒ』
(メモ帳等にコピペするとちゃんと見えるようになりますw)

改めて構造ですが、黄枠で表示されているようにueコメントで字幕を積んで、最後にue big 16行固定で
蝶を飾り付けるという構成になります。
 ①ue big 8行 『(足場)』
 ②full ue #FFEAB0(臨界幅リサイズ)『Presented by』
 ③ue(臨界幅リサイズ)『空白文字のみ使用した狭い足場(行間)』
 ④full ue(臨界幅リサイズ)『©SAGA PLANETS』
 ⑤full ue(臨界幅リサイズ)『©PROJECT IM@S』
   ※④⑤はセンタリングさせているので©の位置は揃わない仕様です。
 ⑥ue(臨界幅リサイズ)『-INTER MEDIA ARTISTS AND SPECIALISTS-』
   ※fullを使用しないことで高圧縮の小さな文字も作りやすくなりました
 ⑦full ue big #6DBAEE 16行固定(上から9行目)『蝶』


【2枚目(コメント数:5)】
bunpy-Junpy_OP01-02.jpg

前述のように、今回は曲のリズムに合わせて字幕を表示させる為、ごく短時間だけ前の字幕との重複が発生します。
そこで1枚目はueコメントのみで作り、2枚目はshitaコメントのみで作ることで2枚の共存が可能となります。
ご覧のように双方の字幕が崩れることなく表示できます。これだとちょっと見にくいので1枚目消失をの画像を。

bunpy-Junpy_OP02.jpg

こちらの構成・順番は下記のとおりです。
 ①full shita 7行 『(足場)』
 ②full shita(臨界幅リサイズ)『Hirocchi P』
 ③full shita(臨界幅リサイズ)『空白文字のみ使用した足場(高さ調整)』
   ※1枚目の『Presented by』と同じ高さに『Produced by』が表示されるように調整しています。
 ④full shita #FFEAB0(臨界幅リサイズ)『Produced by』
 ⑤full shita big #6DBAEE 16行固定(上から9行目)『蝶』


【3枚目(コメント数:9)】
bunpy-Junpy_OP02-03.jpg

ということで、3枚目は再度ueコメントで作ります。
続いて3枚目の単独表示です。

bunpy-Junpy_OP03.jpg

こちらの構成・順番は下記のとおりです。
 ①ue big 8行 『(足場)』
 ②full ue #FFEAB0(臨界幅リサイズ)『MUSIC』
 ③ue(臨界幅リサイズ)『空白文字のみ使用した狭い足場(行間)』
 ④full ue #F9D9F8(臨界幅リサイズ)『" bumpy-Jumpy! "』
 ⑤full ue(臨界幅リサイズ)『-" NATSUYUMENAGISA " OP Theme-』
   ※改行で2行として行間を作ります
 ⑥ue(臨界幅リサイズ)『-INTER MEDIA ARTISTS AND SPECIALISTS-』
   ※fullを使用しないことで高圧縮の小さな文字も作りやすくなりました
 ⑦full ue #E6FFFF
    『Written by KOTOKO』
    『Composed & Arranged by』
    『Tomoyuki Nakazawa & Takeshi Ozaki』
 ⑧full ue big #6DBAEE 16行固定(上から9行目)『蝶』


【4枚目(コメント数:10)】
bunpy-Junpy_OP03-04.jpg

久々にI'veのロゴを作ってみました。もちろん原点はこちらですw



PBED_NEW_03.jpg

休業中に500万再生を達成したそうです!おめでとうございます!!
祭に参加できなくてちょっと残念でしたorz

単独表示はこちらです。

bunpy-Junpy_OP04.jpg

ここではI'veのロゴに明朝化け誘発文字である『▉(0x2588)』を使っているので最初に文字化け誘発を
少なくするようにゴシック保護文字をこっそりと配置します。
一番下の段(黒くなっている部分)にゴシック保護文字の『・』と空白文字を合わせた臨界幅リサイズで
圧縮したコメントを配置します。『・』が見えないように文字色は背景の黒と同化する『#010101』を用います。
イメージとしては『・                     ・』という感じです。

あとは順番に
 ①ゴシック保護字幕(カモフラージュ済み)
 ②full shita #EAEAEA(臨界幅リサイズ)『low trance assembly』&『ロゴ本体』
 ③full shita #F9F9F9 small(臨界幅リサイズ)『Sound Produced by』

なお、3枚目から4枚目への切り替えタイミングはここまでより短く1小節分にしています。
このあと、動画本来のタイトルが表示されるので速めに消えるようにしている為です。

以上が今回のOPクレジットの解説となります。



続いてはEDクレジットです。
本動画のラストは賑やかで動きが多く、EDロールには不向きなので、今回はEDロール的なものをOPでやりました。
そこでED部分では動画の動きに合わせた流れる字幕を作ってみました。

本動画のラストではダンスシーン上で各キャラの顔アップが上下へ流れる構成となっています。
そこでその動きに合わせてbig 16行の流しコメントでキャラ紹介を行っています。

まずは準備として流すコメント(11人分)の幅をそろえます。
幅をそろえることで流れるスピードが等速となり、連続感を生むことができます。
bunpy-Junpy_ED_ALL.jpg

空白文字で幅を調整して全部のコメントを重ねて見ました。
このように黄枠がすべて一致しているのがおわかりいただけると思います。
あとはこれらのコメントをタイミングよく流していけば完成です。

bunpy-Junpy_ED01.jpg

このような感じで進んでいきます。


復帰後最初ということもあって色々と緊張しましたが何とか形にはなったかなぁ、と思います。
スポンサーサイト

tag : クレジット(OP・ED)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

時計屋

Author:時計屋


主にニコマスのコメントアート(CA)について書き連ねていきます。
CA好きの方、ニコマス好きの方、コメントやリンクはお気軽にお願いします。

公開マイリスト
★過去の活動の記録
★ここが住処でした ★自分の原点
Twitter
所属コミュニティ(の一部)
★本籍地
最新記事
カテゴリ
CAのジャンル別検索
ユーザータグを用いてCAのジャンルごとに分類してあります。
(エンドロールは『ED(クレジット)』となります。)
 
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。