FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニコプレーヤーver.4概要

約1年間の移行期間を経てニコニコ動画のプレーヤーが新バージョンに置き換わったのが4月末。
それから約2ヶ月、先月あたりからtwitterのTL上には『新バージョン』の噂がちらほら。

そんな中、昨日、プレミアム会員限定の先行テストという形ではありますが新バージョンのプレーヤーが実装されました。

運営の発表記事はこちら ⇒ ニコニコニュース『新動画視聴プレーヤーを公開しました』

昨夜は↓の生放送で情報交換を行っておりました。
http://live.nicovideo.jp/watch/lv20991630

新しいバージョンは『4』ということで、製作サイドでは『nicoplayer4』と呼ばれているそうです。
以降、本ブログでは『nicoplayer4』を簡略化して『NP4』と呼ばせていただきます。

今回のエントリーではNP4の変更点についてまとめてみました。


①『16:9動画』の拡大表示

変更点は何箇所かありますが、今回の目玉はやっぱりこの機能でしょう。
以下の表に表示面積をまとめてみました。

<新旧プレーヤーの表示領域比較(幅×高さ:pixel)>

プレーヤー領域4:3の動画表示領域16:9の動画表示領域
nicoplayer4(16:9表示)  672×384   512×384    640×360
nicoplayer4(4:3表示)  544×384   512×384    512×288
nicoplayer3以前  544×384   512×384    512×288


ご覧のようにNP4では16:9の動画で表示面積が広くなっていることがわかると思います。
では4:3のプレーヤーの表示と比べどのくらい広がっているかというと・・・

【横】640÷512×100=125%
【縦】360÷288×100=125%
【面積】(640×360)÷(512×288)×100=156.25%

縦横は1.25倍の拡大となりますので、面積的にはなんと1.5倍以上大きくなっています。これならとても快適に見ることができますね。
コンテンツのHD化、PCモニタのワイド化が進む現状に適合した仕様変更だといえるでしょう。

では実際に16:9表示でのCAはどうなるのかを見てみましょう。
固定コメントの表示体系は変更がないので既存のCAが崩れることはありません。
ただ動画自体は拡大されるのでズレが発生してきます。

【例1】トレース
<yuwataP>【アイドルマスター】ワンダー☆ウインター☆ヤッター!!【亜美・真美】


NP4検証(トレース)
4:3と16:9の画面を重ねてみました。CAはズレないので完全に重なって見えます。
画像をご覧いただくと分かるように手の位置がずれていますのでトレースのラインからもはずれます。
このように絵合わせ系のCAは互換性はないので4:3動画専用、あるいは16:9限定での新規製作が
必要となります。


【例2】フレーム装飾
<ロジックP>アイドルマスター 雪歩 Winter Bells♪


NP4検証(フレーム)
こちらはいわゆる黒帯部分に装飾を施したものです。
16:9表示では黒帯が消失して、動画内に装飾が入ってくることになります。
今後はこのような装飾CAは16:9動画に黒ベタを追加して4:3とした動画限定のものとなりそうです。

また、以前に比べると左右の端にあまりコメントを寄せられなくなっていますので、(※後日、『fullコマンド』が実装されたことにより解消されました。⑦を参照願います。)CAの顔避け・字幕避け等は新たに調整することになります。
 
こうした現象はやむをえないことではありますが、既存のCAを最大限に考慮して新プレーヤーを開発して頂いた
開発陣の皆様には心から感謝したいと思います。

本当にありがとうございました!


②同時表示可能コメント数の緩和

従来は画面上に同時に表示できるコメント数が30に設定されていました。
つまり31個目のコメントが書き込まれると1個目のコメントが消えるという仕様でした。
今回のバージョンアップでは16:9表示モードでコメント表示面積が増えたことから同時表示コメント数の上限が40に緩和されました。

【画像①】
16:9@40コメ

【画像②】
16:9@41コメ
この画像は黒画面のコマンドテスト動画を16:9モードで表示し、流しコメ(nakaコメ)でコメントを加えていったものとなります。画像①ではコメントが40個表示されていますが、画像②で『41』のコメントを書き込んだところで最初の『1』のコメントが消えていることがわかると思います。


主な変更点はこの2点ですが、昨日の段階で判明している変更点・不具合・情報をまとめて列記します。(誤り・追加等がありましたら指摘願います)


③【新機能】画面サイズの自動切換

動画のサイズを判別して自動的にプレーヤーのサイズが16:9 or 4:3に切り替わります。


④【新機能】投稿者による設定機能

SMILEVIDEO側で投稿者側で16:9/4:3指定を入れる予定だそうです。


⑤【新機能】キーボードでの操作

スペースキーで再生/一時停止、↑↓で音量を操作できます。
 ※日本語入力モード中は使用できません


⑥【コメント仕様】コメント表示領域について

◆ue/shitaの固定コメントについては従来の4:3の領域と同じ
  16:9で動画の幅は広がりましたが、固定コメントの領域は従来どおりとなっています。
  つまり画面両端に文字を配置するのは少し難しくなることが予想されます。
  (※後日、『fullコマンド』が実装されたことにより解消されました。⑦を参照願います。)

◆nakaコメント(通常の流れるコメント)については画面いっぱいに表示される
  従来の4:3の画面ではnakaコメの表示時間は『4秒』でしたが、NP4では従来のコメントと
  同じ速度で流れ、左右の今まで見えなかったところが見えるようになった、という感じ
  のようです。つまりコメントの表示時間は4秒+αとなります(詳細な時間は今後検証)。

⑦【コメント仕様】『fullコマンド』の実装
   ※後日追加実装された機能

16:9での動画表示が可能となったことに伴い、従来の4:3表示よりも動画領域が横に伸びました。
そこで16:9の領域でもコメントを左右フルに表示できるように従来のコメントとの差別化を
図るために『fullコマンド』が実装されました。

それでは実際に表示の違いを見てみましょう。
fullコマンド解説
16:9の画面(672×384)の中に4:3での領域幅(544×384)を書き加えてみました。

①まずは一番下の文字列です。コマンドは『shita』のみです。
 このコメントは4:3での横幅544pixcel内に収まっているので臨界幅リサイズは発生せず、
 本来の文字サイズで表示さているのが分かると思います。

②次に中段の文字列です。①の文字列の文字数を少し増やしてみました。こちらもコマンドは
 『shita』のみです。本来の文字サイズでは544pixcelからはみ出してしまう為、臨界幅リサイズが
 発生して文字が小さくなっているのがお分かりいただけると思います。

③最後に上段の文字列です。②と同じ文字列ですがコマンドを『full shita』に変更しました。
 するとご覧のように4:3での表示領域をはみ出して16:9での表示領域にコメントが表示されて
 いることがお分かりいただけると思います。
 表示領域が拡がったことにより、②で臨界幅リサイズが発生していたものが、通常の文字サイズに
 戻っていることがご覧いただけると思います。
 なお、画像にはありませんが『full』コマンドを使用しても臨界幅リサイズは従来どおり発生します。

このように『full』コマンドを使用することで16:9動画でも今までと同じように自由なコメントを
することができるようになったわけです。

⑧【コメント仕様】1コメントの最大文字数が60→75文字へ
   ※後日追加実装された機能

『full』コマンドの実装により、コメントの表示幅が広くなりました。
これに伴い、従来よりも1コメントあたりの最大文字数が75文字に緩和されました。
この措置は『full』以外でも適用されますので、コメントによる表現の幅が広がりました。


⑨【仕様】ニコ割について

現段階では4:3のサイズのままですが、今後16:9仕様についても検討していくとのことです。


⑩【仕様】遊園地について

◆遊園地はポップアップ表示となります
◆遊園地起動時は画面が4:3に切り替わります
◆16:9に戻すこともできますが、この場合遊園地が動画表示領域の上に被る仕様となっています


⑪【不具合】SWF動画の再生について
   ※解決済み(2010/7/9 17:00更新分にて)

SWF動画を再生すると、動画が小さく表示されてしまうという不具合が見つかっています。
本件に関しては、現在、開発チームで修正作業を行っているようです。


⑫【不具合】4:3の動画の再生について
   ※解決済み(2010/7/9 17:00更新分にて)

16:9表示モードで4:3の動画を再生すると、動画が画面左に寄って表示されることがあります。
これは動画のダウンロードが完了するタイミングによって発生することがあるそうです。
プレーヤーの4:3/16:9切り替えボタンを押して開きなおすと正常な表示になります。


⑬【不具合】動画終端でのコメント表示について

動画終端で最後に表示されるコメントが、動画停止時に画面外に消えずに残った状態になってしまう。


⑭【運用】今後のスケジュール

◆7/7:プレミアム会員へ先行公開
◆7/14:一般会員へ公開
◆7/21:新プレーヤーへ完全切り替え(現行のバージョンは使用できなくなります)


⑮【質疑応答】動作報告等

◆twitter用のハッシュタグは『#nicoplayer4』に決まりました。
CAS設置の掲示板でも問い合わせに対応できます。


以上、昨日の生放送で得られた情報を元に現段階で判明している仕様をまとめました。
不足点や誤りがありましたら、コメントやついったーで指摘して頂ければ幸いです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

時計屋

Author:時計屋


主にニコマスのコメントアート(CA)について書き連ねていきます。
CA好きの方、ニコマス好きの方、コメントやリンクはお気軽にお願いします。

公開マイリスト
★過去の活動の記録
★ここが住処でした ★自分の原点
Twitter
所属コミュニティ(の一部)
★本籍地
最新記事
カテゴリ
CAのジャンル別検索
ユーザータグを用いてCAのジャンルごとに分類してあります。
(エンドロールは『ED(クレジット)』となります。)
 
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。